読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雀巽の日記帳

雀巽が綴る日常の記録

「例解 和文英訳教本 (文法矯正編) --英文表現力を豊かにする」が面白かった

最近、面白かった本を読み終えたらブログを書いている id:necojackarc です。

そんなわけで、先日「例解 和文英訳教本 (文法矯正編) --英文表現力を豊かにする」の一周目を終えました!

例解 和文英訳教本 (文法矯正編) --英文表現力を豊かにする

例解 和文英訳教本 (文法矯正編) --英文表現力を豊かにする

こんな重厚なタイトルの本に、2015年12月現在で43件のレビューで星4.7がついてる時点で、相当凄いなと思うんですが、実際読んでみると凄いです。凄く良いです。

購入した動機ですが、会話をする際や英文を書くとき、細かい部分がとっさにわからず「とりあえず通じはする気がするけど……」といった文章を組み立てることが多々あり、その辺をちょっと叩き直したいなと感じていたからです。

はじめに、

「文章を意識しない英語教育」は、低次元の英会話だけやっている文には可能かもしれないが、英作文という名の付く学習においてはあり得ないことである

と書かれているのですが、まさにそれを日々のオンライン英会話や業務で実感していました。

文法矯正編とあるように、徹底して叩きなおしてくれます。

和文を英訳し、解説を読み、最後に英文を諳んじることができるようにする、という読み方を一周目ではしたのですが、かなり時間がかかりました。

ただ、その分得られるものはあったと思います。

あと、他の書評でも仰ってた人も見かけましたが、一億人の英文法のあとに取り組むのに良いと感じました。

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

英文法へのアプローチというか、考え方というか、説明の仕方が似てるなと感じます。

「こういう思いやニュアンスを伝えたいからこういう文法があるんだ」という実践的な考え方が共通点しています。

一億人の英文法では広く網羅的に、和文英訳教本 (文法矯正編) では重点を徹底的に、と言った感じでしょうか。

とりあえず、一周読みきった程度では矯正しきれているとは到底思えないので、各例題をさらさら英訳できるように練習したいなと感じます。

が、重い……重いので、この本に関しては二周目は少しずつ頑張ります!笑

全ては気持ちを伝えるためのツール……英語で自分の気持ちを余すことなく伝えられるようになりたい……!

「英語は壮大な慣れである」という偉大な言葉を忘れず、毎日頑張りたいと思います。