読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雀巽の日記帳

雀巽が綴る日常の記録

日帰りで痔瘻の手術をしてきました

本日、日帰りで痔瘻の手術をしてきました(´;ω;`)

全体的に消化器官が弱く下痢しやすいんですが、半年前の新サービスリリース前後に下痢下痢してたころ、肛門周囲膿瘍からの痔瘻になっちゃってたっぽいです。

この頃、夜中まで働いてたりとストレスが多く、更に睡眠不足も重なっており免疫力が低下してたと思うので、それで……という感じだと思います。

痔瘻(じろう)」とは、名前の通り痔の一種ではありますが、よく知られてる「いぼ痔」や「切れ痔」とは別物です。「穴痔」と呼ばれることもあるそうです。 治療方法が手術オンリーというクレイジーなやつです。勘弁してくれよまじで……。

www.rakuc.com

入院して半身麻酔での手術が多いようですが、近所の先生は基本的に日帰りで局所麻酔で手術を行うスタイルのようでした。

おそらく術式は下記のリンクにある「痔瘻結紮法」か何じゃないかなと思います。

www.amigo2.ne.jp

有名な治療法は思い切ってバサッといく「痔瘻切開開放術式」と、数ヶ月かけて徐々に取り除く「シートン法」だそうですが、 「ウチではシートン法みたいなまどろっこしいことはしない」とおっしゃっていました。強い。

じゃあ何なんだろうと思って説明を元に調べてみたところ、「痔瘻結紮法」が一番近そうな感じでした。

術式に使っていたゴムもネットで調べて出てくるものに比べて細い気もしますし、外に出てる結び目も小さい感じがしますし、 確かに一般的なシートン法ではないんだろうなぁという感じです。ただ、原理はシートン法と同じだと思います。

Wikipedia での医療関連情報は間違っているものも多いと良く聞きますし、まだまだインターネットは発展途上だなとも思いました。

完治するまではなんとも言えませんが、普通は「入院・半身麻酔・数ヶ月」で処置するものを「日帰り・局所麻酔・数週間」で終わらせるという、 圧倒的名医感漂う先生*1でした。説明も丁寧でわかりやすく、こちらのどんな質問にも答えてくれる信頼できる先生でした。

とりあえず、今日からしばらくの間、痛み止めとの共同生活が始まります……!

全ては身体が資本!健康第一でいきましょう!

*1:超名医かヤブ医者のどっちかだろうなって感じがしますね。笑