雀巽の日記帳

雀巽が綴る日常の記録

イギリスに来て1年、そして日本を出て2年が経った

正確にはまだ丸2年は経っていませんが、2年前の7月に日本からカナダへ渡り、1年前の6月にイギリスへ来たので、 おおよそタイトルにある通りの時間が経過しました。

2年って結構長いですよね。高校1年生が3年生になる!そりゃそうだけど!

ロンドンに移住して1年経って生活に慣れてしまったせいで英語の勉強が疎かになりつつあるので、気を引き締め直したいかなと思います!

あと、未だにヨーロッパ観光どころかイギリス観光すら全然してません。 ロンドンでの生活が快適かつ、ロンドン内に十分見どころがあり、ロンドンに引きこもってます。

日本に住んでても、そんなにたくさん国内旅行してなかったので、まぁこんなもんか……。

ヨーロッパ内でオススメの国と都市、そしてオススメのプラン、お待ちしてます!!

みんなロンドン遊びに行きてね。

イギリスで「麻疹・風疹・おたふく風邪混合ワクチン」を無料摂取してきた

麻疹のワクチン摂取が不十分だった世代に直撃していたため、ワクチン接種に行ってきました。

f:id:necojackarc:20190430043300j:plain

麻疹の予防接種だけするつもりだったのですが、どうもイギリスの国民健康保険では MMR ワクチン という、「麻疹・風疹・おたふく風邪」の三種混合ワクチンしか取り扱ってないとのことでした。

ただ、どうも確認してみたところ、風疹もおたふく風邪もワクチン接種をしてなかったので、 むしろ「これはラッキー!」という感じで、ありがたく MRR ワクチンを摂取してきました。

そしてタイトルにも書いたとおり、無料!ありがたい! あとは変な症状が出ないことを祈る!

(人-ω-`)。o.゜。★身体健全★。゜o。(´-ω-人)

三十路到来~いつのまにか社会人7年目~

三十路到来!

本日4月27日で30歳を迎えました!

:+゜・。ヾ(●´∀`●)ノ。・゜+:

ついに二十代終了……!時の流れは恐ろしいです。

と、同時に、気がついたら社会人7年目に突入してることに気が付きました。 どうやら、毎年ブログを書いてたようですが、今年はすっかり忘れていました。

necojackarc.hatenablog.com

せっかくなので仕事の現状を簡単に振り返っておくと、

  • ロンドン最高
  • 仕事楽しい
  • 英語よちよち
  • ガチスタートアップだから先はガチ不透明
    • 突然の上昇も下降もあるワクワク感と不安感!

といった感じです!

当面の仕事上での目標は、「このスタートアップを初期メンバーとしてデカくする!」ですかね!

あと、元々は他の人の目標だった「30歳までに海外、できればヨーロッパ圏に移住する」というのがいつの間にか自分の目標にもなってたのですが、無事達成できました。 正直、全く現実味がない状態で掲げた目標だったので、達成できるとは思ってませんでした。ラッキーだ!次の目標は永住かな!

まぁ、とにかく英語のレベルをもっとあげよう!もちろんエンジニアとしてのスキルも!

そして早速プレゼントもらいました!

感謝!

三十代も最高に楽しんでいきましょう!ぴーす!

『句動詞の底力―「空間発想」でわかる広がる英語の世界』を読んだ

『句動詞の底力―「空間発想」でわかる広がる英語の世界』を読みました。

句動詞の底力―「空間発想」でわかる広がる英語の世界 (「底力」シリーズ5)

句動詞の底力―「空間発想」でわかる広がる英語の世界 (「底力」シリーズ5)

一言で言うと、かなり良かったです!

特に冒頭の「日本語は動詞中心、英語は空間中心」という話がかなり面白かったです。

例えば、

日本語 英語
ジョンは駅にいる John is at the station
ジョンは駅のホームにいる John is on the platform
ジョンは庭にいる John is in the garden

とあったとします。英語は空間に応じて「前置詞 + 空間」となるのですが、日本語は「てにをは + 動詞」と、動詞に応じます。

この話、ほんとに「なるほど!確かに!なるほどー!!」となりました。言われるまで気づかなかったです。 もちろん、動詞側に前置詞が引っ張られる例もありますが、この辺の気付きはかなり面白かったです。

こういった「そもそもどうなっているのか?」という話が序盤にいくつかあり、その部分が特に面白かったです。

「前置詞三年冠詞八年」と言われることもある前置詞ですが、こんな大きな違いがあればそう言われるのも納得だなと思いました。

面白かったので、ぜひ読んでみてください!

『英文法「例外」の底力―あなたの英語学習を刺激する37のスパイス』を読んだ

『英文法「例外」の底力―あなたの英語学習を刺激する37のスパイス』を読みました。

例外とありますが、正しくいうと「解説されることが少なく、例外に見える文法事項」と言った感じです。

個人的に英文法はパズルのようなものだと思っていて、学べば学ぶほど全体像が見えます。 ただし、わかりやすい部分(はめれそうなピース)から学ばないと、全くどこに当てはめて良いかわからなくなる、という点もパズルに似ていると思います。

この本は、ある程度英文法の全体像を把握した人(例えば 一億人の英文法Evergreen などを一周した人)が読んでみると、更にパズルのピースが埋まり、楽しい気持ちになれるんじゃないかと思います。

知らなかったこと、なるほど!と思うこととう、あり読んでいてなかなか面白かったです。

また英語のパズルが少しうまり、見通しがちょっぴり良くなった気がします。


ちなみにこの本、Amazon.co.jp で海外発送で買ってみました。 予想以上に安く早く届いたので驚きです!

Amazon.co.jp が販売・発送をする本であれば、おそらく海外発送対応してるので、また何か欲しい本があったら使ってみようかなと思います。

Amazon すごい!

キーボードを JIS から US 配列に切り替えた理由

というタイトルの記事を見ると、US 配列の優れた点を語る人が多いですが、慣れだと思います。

アメリカ西部のカウボーイたちは、馬が死ぬと馬はそこに残していくが、どんなに砂漠を歩こうとも、鞍は自分で担いで往く。 馬は消耗品であり、鞍は自分の体に馴染んだインタフェースだからだ。

実は昔血迷って「JIS の方がこんなところが優れている!」という記事を書いたんですが、冷静になって消しました。 そもそも、現在は US 配列、正確には普段は UNIX 配列 (Happy Hacking Keyboard のアレ) を使ってますしね!

理由

そんなもと JIS マンセー派が突如 US 配列のキーボードに切り替えた理由ですが、

「よっしゃ、海外で働いてみよ」

と思ったからです。海外で JIS をわざわざ手配してくれることはレアケースな気がしたので US 配列に切り替えました!

以上!!!!!

オチ

イギリスでは UK 配列が普通です。

今の会社は入社時に「PC 注文するけど US で良い?」って配慮してくれたので US 配列を手に入れてますが、 油断すると UK 配列が手に入ります。エンターキー縦に細長いです。

一部同僚(イギリス出身の人やイギリス歴が長い人)は UK キーボードなんですが、 たまに借りると「あぁぁぁぁあああ!なんじゃこりゃぁぁああああああああああ!!滅!滅!滅!」ってなります。

結論

やっぱり Happy Hacking Keyboard が最高!!

アメリカ西部のカウボーイたちは、馬が死ぬと馬はそこに残していくが、どんなに砂漠を歩こうとも、鞍は自分で担いで往く。 馬は消耗品であり、鞍は自分の体に馴染んだインタフェースだからだ。 いまやパソコンは消耗品であり、キーボードは大切な、生涯使えるインタフェースであることを忘れてはいけない。

東京大学 名誉教授 和田英一】

https://www.pfu.fujitsu.com/hhkeyboard/

鞍担いでこうぜ鞍。

Happy New Year 2019

あけましておめでとうございます!

今年もよろしくおねがいします!

例年通り、簡単な2018年の振り返りをします!

necojackarc.hatenablog.com

2018年のテーマは、

  • 挑戦
  • 英語
  • 健康

でした!

正直ブログ見返すまで忘れてた!

挑戦

ロンドンのスタートアップに就職し、ロンドンに移住しました!

necojackarc.hatenablog.com

necojackarc.hatenablog.com

necojackarc.hatenablog.com

necojackarc.hatenablog.com

necojackarc.hatenablog.com

初の海外就職 & スタートアップです。

正直、海外で職を探す、ということ自体が挑戦でしたが、無事に就職が決まり、 かつロンドンへ移住し、1年間働き通すことができました。

まだまだ発展途上のスタートアップなので、今年も引き続き頑張ります!

英語

ちょっとは上達したかなぁ……?

正直、リスニングがまだまだかなりキツイです。

ミーティングとか雑談とか、メッチャキツイです。

健康

太ってきた。やばい。

ただ、カナダに居た間は毎日筋トレとストレッチしてました。 だがしかし、ロンドンへ移住してからさっぱりやらなくなりました……。

最近スカッシュはじめましたが、もうすぐ30歳の身体では、脂肪がなかなか落ちない……。

ぴんち。

時系列まとめ

  • ロンドンのスタートアップへ就職が決まる
  • トロントからロンドンのスタートアップへのリモートワーク開始
  • イギリスの就労ビザを入手しロンドンへ移住

今年は、正直ロンドンのスタートアップへ就職し移住をしたが全てですね……!

2019年のテーマ

  • 挑戦(毎年なにか新しいことをしたい)
  • 英語(リスニングと語彙を重点的に)
  • 健康(スポーツと食生活)

と、去年一昨年と同じテーマにします!

挑戦に関しては毎年なにか新しいことをやりたいので引き続き、 英語は全く十分なレベルに達してないのでこちらも引き続き、 そして健康に関しては太り始めているのでもちろん引き続きです。

英語と健康を来年はテーマにしなくて良くなる程度の英語力 & 健康さを手に入れたいですね……!

また、2015年のブログから書いている、

将来の自分が過去の自分に向かって胸張れる存在になれるようにマイペースに生きていきたい

こちらも引き続き忘れずに!

そしてもちろん、イチロー選手の『小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道』という偉大な言葉も大切に!

2019年も最高に楽しんでいきましょー!

ぴーす!